4.廃車の還付金って?

廃車手続きによって、先に支払った法定費用部分(自倍積保険・重量税など)は、廃車をした日時が車検の有効期限が一ヶ月以上を残している場合は、還付されます。

*重量税の還付金について
車検の有効期限を一ヶ月以上残して廃車した場合に、廃車した車の車両重量と車検期限の残り月数に応じて重量税が戻ってきます。自分で陸運局で申請した場合は、還付金を受け取るまで、役三ヶ月かかります。ですが、廃車手続きをする会社によっては、廃車手続き時に一緒に清算してくれる業者もありますから、そのような親切な廃車代行業者を選ぶことも大変大切なポイントともいえます。

*自動車税について
自動車税とは、毎年4月1日の時点で車を保有している所有者に対して、一年分の自動車税を支払う義務が生じます。すでに、自動車税を支払った後で廃車をした場合は、廃車をしてから役二ヵ月後に還付通知書が来ますので、その通知書を指定金融機関へ持っていくと未使用分の自動車税が戻ってきます。ただ、軽自動車を廃車する場合は、自動車税は戻ってきません。また、3月を過ぎてからの廃車手続きをした場合も一ヶ月を切っているために還付対象となりません。また、私の場合ですが自動車税を未納ですが、廃車はできるそうです。自動車税を未納の人はどうなるかというと、廃車を行ってから約二ヵ月後に4月から廃車した月までの自動車税の請求書が印鑑証明書の登録住所へ郵送されてきます。請求書がきましたらその時点で支払いましょう。もしくは、最寄の自動車税事務所まで直接行き、残りの期間の自動車税を支払うこともできます。

*自倍責保険契約の解約について
自倍責保険の有効期限が廃車時点で残っている場合は、還付手続きをすることによって、一月に対して約1000円戻ってきます。還付金を受け取るつもりがない人は、解約手続きをする必要がないです。また、この部分は、代理業者はしてくれません。自分で申請する必要があるそうです。
用意する書類:自倍責保険の原本、登録事項等証明書/一時抹消登録証明書コピー、認印、免許証、振込み口座情報、自倍責保険の原本に保険会社の問い合わせ先があるので、確認が必要です。また、注意が必要な部分としては、戻ってくるお金の計算ですが、廃車をした日ではなく、保険会社へ還付金手続きをした日が基準となりますので、廃車をして上記還付金申請時に同時に処理する必要があります。

*任意保険の解約について
これは、廃車屋とんな代行できることではないです。もし、しばらく車の購入は考えていない人でしたら、廃車する日が決定していたら、早めに保険担当者にら連絡を入れておきましょう。解約の日付は、契約日の日付からの月単位となりますので、契約日を一日でも過ぎたら、その月の保険金を支払う必要がありますので、自分の契約した任意保険の日付も頭に入れて廃車も保険の解約もする必要があります。保険解約には先付け解約というものがあって解約申請を前もってできる方法がありますので、廃車する日を決定しましたら、前もって任意保険の解約手続きをしておきましょう。また、私の場合とは関係ないですが、数ヵ月後に新たに車を購入する予定がある人は、安易に解約はしてはいけないそうです。保険担当者とよく相談する必要があります。担当者に確認が必要なのですが、現在利用している任意自動車保険に割引特約等、新規に入るより安価な場合が多々ふりますので、新たに車を購入する予定がある人は、廃車後にいつごろ購入かどうか保険担当者に相談して、新規の保険加入の場合とどちらが安くなるか、計算してねもらうのがいいと思います。

まあ、私は廃車後数ヶ月で再購入ということは考えられませんので、悩むことなく保険解約手続きができまかね!まずは、任意保険の契約日も参考にして廃車もしないといけないという点は、ポイントだと思います。

recommend

鈴木正行
https://www.amazon.co.jp/本-鈴木正行/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A鈴木正行

Last update:2017/1/24